FC2ブログ

(・ω・)←こんな顔をしている


眉毛を書き足して(´・ω・`)にしてあげたい






この日(2/12)は「赤福の本拠地」伊勢市からのスタート
この看板の量、三重県の主要駅だとだいたい「いつもの」の光景ですww


(見えにくいですが)途中で池の浦シーサイドという駅を通過
夏の時期にのみ営業する臨時駅・・・なのですが、停車日・本数がとんでもなく少ない(4日16本)
営業日だけならもっと少ない駅もあります(年2日=津島ノ宮駅、香川県)が、年16本しか止まらない駅は多分ここだけだと思います

伊勢湾がすぐそこというロケーションですが、海水浴場からはだいぶ離れているのが原因らしいです・・・


終点・鳥羽駅で下車し、鳥居をくぐって歩いていきます


途中で出会ったラッコの乗った郵便ポスト



歩くこと約10分、お目当ての鳥羽水族館に到着
開館前に既にできていた数十人の列に並ぶことになりましたww


館内はいくつもの部屋に分かれていますが、決まった順路は無いのが特徴です



まずは「思いつくままに」館内を巡っていきます



地元(伊勢湾)の海ももちろん再現
この伊勢エビ、食べようとしたら全部で一体いくら分なんだろうか



鳥羽水族館の「名物」の一つはジュゴンの飼育
日本では唯一、世界でもここを含め4箇所のみなんだとか


人魚伝説のモデルとなったという説、横から見ると何となく分かります



(・ω・)
この顔文字の由来でもある(違う)


ジュゴンに似てますが、こちらはスナメリというイルカの仲間
背びれがないためすごくのっぺりとした印象




水族館にいるのは海の生き物だけではありません
カピバラやスナドリネコさんなどもゆったり暮らしてます



水族館仕様の自動販売機も(もちろん?)あります


カメラ台ではラッコが待ち構えています
メーカー(?)は「Rakon」なんですねww



この状態でずっと浮いているフンボルトペンギン
天気が良かったのですっごく気持ち良さそうでしたww


食事タイム中のコツメカワウソ
その魚(たぶん鰯)を見てガラスの向こうでよだれを垂らしてそうなフンボルトペンギン



セイウチはこんな感じで縦になってお休み中・・・
その脇にはインスタグラムならぬ「ウォルラスタグラム」なる写真フレームがありました
(セイウチの英名がウォルラス)

 ・ アカウント名が「todojyanaiyo_seiutidayo」(トドじゃないよセイウチだよ)
 ・ ハッシュタグが「セイウチのいる生活」「セイウチ女子」など
 ・ いいね!が「∞」

やっぱりネタまみれでしたww



アシカショーではご覧のとおりのお客さんの数
スマホを向けるお客さんに対して「鳥羽水族館とハッシュタグをつけて宣伝してください!」・・・こんなやりとりがあるのが現代らしいww



キューピーちゃん配達中・・・寒そうww




鳥羽水族館の名物と言えば「へんな生き物研究所」
その名のとおり、変な生き物『しか』いない施設ですww



室内は研究室か実験準備室のような感じ、ちょっとワクワクしてきますww




・・・ホントに変なやつしかいないwww
(3枚目は、手前:純白のナマコ/奥:尾の部分が左右で紅白になっている伊勢エビ)


みんな大好きダイオウグソクムシ
見た目はダンゴムシに近いですが、種としてはフナムシの方が近いというのは本当に謎ww





鳥羽水族館の屋上から北側(鳥羽駅方面)を臨む
橋で繋がっているのは「ミキモト真珠島」、養殖真珠発祥の地(の一つ)らしいです


愛知県の渥美半島方面へは伊勢湾フェリーが出ています
航路でも1時間弱の距離にあるため、天気が良ければ渥美半島が・・・見えるのかなぁ?

スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

2018.03.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 普通のもの

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

もなかアイス

Author:もなかアイス
大体↑のような顔をしている

棲息地:彩の国さいたま
----------------------------------------
【主にプレイするゲーム】

マリカ8DX・・・レート帯:32k
マリカ8・・・レート帯:55k(8DX移行のためこれ以上変動なし)

8DXのレートが8無印に追いつくことはあるのだろうか
----------------------------------------
記事は原則として5の倍数の日に更新です

今更感がすごい

検索フォーム

QRコード

QR