FC2ブログ

『Re:』深遊探訪(TRAIN SUITE 四季島・その6<深遊探訪in会津若松>)


出発時に鳴らすベル、よく見ると1つだけ大きいんですね(・ω・)







会津若松駅を出発後、バスは市街地をやや迂回して進みます
會津稽古堂の前でバスは停まり、降車後に少し歩くと朝食会場となる「田季野」に到着です

本来は11時からの営業なので、ここで「朝食」をとるのはとっても貴重な経験です



「深遊探訪の舞台として選んでくれてありがとう」、そんな意思を感じるような入口脇のこのスペース


感謝の盾の隣にある三方、起き上がり小法師はいいとして四季島(トミカ)まで載せているのがちょっと気になります



着座後、女将の馬場さんから会津の文化について触れつつご挨拶





例によって料理は一部のみの掲載です(先付・前菜、焼物、お造り、そして輪箱飯)






会津地方は地酒の宝庫!
何と8種類も取り揃えていただきました



\( ゚ω゚)/ウオオオオオ!!

この「飛露喜(ひろき)」というお酒が、個人的に「ぜひ飲みたい」とオーダーしていた逸品
やはりというか、地元・会津で会うことができました!

他の乗客の方も飛露喜を飲まれていたようで何よりでしたwww

以前喜多方で四季島のお出迎えをしたその前夜、地元のお店でいただいて・・・という縁から、ホントに四季島の旅で呑むことになろうとはwww





ここでの「至福の時」、端的に表すとこのとおり(・ω・)

飛露喜3杯のほか、国権・月弓・泉川・会津中将・会津娘を各1杯ずついただいた後の図です
全部で8杯分飲んでますので、全部違った種類を注いでいればちょうど8種制覇できてますねコレ・・・


のんびりと朝食をいただきお店を後にします
ごちそうさまでした、こちらまで満面の笑みになりそうですd(゚ω゚)b










「田季野」から次の目的地・「鈴善漆器店」まではバスで5分もかからない道のりです


蔵工房にて会津漆器を使っての蒔絵体験
汁椀、カップ、スプーンの3種類から1つを選び、自由に絵付け・粉吹きをしていきます
(色粉が飛んでカメラに付着する可能性があるので、お店の方に預けた方がいいかも?)



蒔絵師の中村さんから説明をいただき、まずは実際に絵付けを実演していただきます



配置好きなように色粉を吹いてきます
コレを布でぬぐうと色鮮やかな模様が浮かび上がります

自分はカップを選び、しばし作業・・・


一体どんな漆器になったのかは・・・ナイショデス

完成した漆器は箱詰めしてもらえ、持ち帰ることができます
もう何日か乾かした後なら水洗いしても大丈夫なようになりますので、「飾る用」ではなく「使う用」としてみてはいかがでしょうか



お店に併設して展示用の蔵が設けられており、会津塗りの家具など数多くの品が収められています
タンスくらいの大きさになると、もう1回四季島に乗れそうなくらいなお値段です

・・・以前もそんなこと言った品があったような気がしますwww



色々歴史を感じさせてくれる品々が多数展示されているのですが↓


その展示品の一つであるこちらのソファー、クルーの方に「ぜひ座ってみてください」と言われておりました
実際に座ってみたところ・・・

低反発を通り越してほぼ無反発でした(;;・ω・)


感謝の盾が飾られているのもしっかり確認できました!


会津若松市内での深遊探訪は以上となり、お見送りいただきながらバスで駅に戻ります
帰り道、一瞬だけ鶴ヶ城の赤瓦が見えたのですが・・・写真には収められずorz









改札を抜けて四季島のいる2番線へ


「田季野」の女将さん、わざわざ駅まで来てくれました!



車内に戻る際に色々いただいてきました(内容は最後の記事でたぶん書きます)



11時22分、定刻で会津若松駅を出発
ここから約5時間半をかけて、終点・上野駅へひた走ります



前:その5<2日目始~会津若松駅到着>
次:その7<会津若松駅出発~上野駅到着>
スポンサーサイト

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

2018.05.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | TRAIN SUITE 四季島

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

もなかアイス

Author:もなかアイス
大体↑のような顔をしている

棲息地:彩の国さいたま
----------------------------------------
【主にプレイするゲーム】

マリカ8DX・・・レート帯:33k
マリカ8・・・レート帯:55k(8DX移行のためこれ以上変動なし)

8DXのレートが8無印に追いつくことはあるのだろうか
----------------------------------------
記事は原則として5の倍数の日に更新です

今更感がすごい

検索フォーム

QRコード

QR