FC2ブログ

千畳敷


「千畳敷」は日本に何箇所もありますが、一番標高の高いところへ行った話






この日(5/4)は駒ヶ根市内からのスタート
まっすぐ帰るとだいぶ時間を余してしまうので、「ちょっと雪山に」というノリで千畳敷カールを目指すことに

※さすがに冬山登山装備ではないですが、防寒に関してはきっちりしてます


この時期の千畳敷は春スキーができるとあって、バスの車内はご覧のとおり
途中の菅の台バスターミナルより奥は自家用車の乗り入れが禁止されているため、そこまで自家用車→バス乗り換えという方が圧倒的に多いです(;;・ω・)




駒ヶ根駅からだとバスの乗車時間は約50分、うち後半30分はひたすら山登りになります
進行方向左側の席の方が景色は楽しめるかと・・・



バスで来られるのは「しらび平」というロープウェイの駅まで
ここからは駒ヶ岳ロープウェイで高低差950mを一気に昇ります

※駒ヶ根駅(標高約670m)~しらび平駅(約1,660m)~千畳敷駅(約2,610m)


しらび平駅の時点でこの温度ですが↓


千畳敷駅の状況はこんな感じ
早朝6時時点とはいえ、氷点下6.8度という恐ろしい数値が出てますwww


千畳敷の雪の中で熟成された地酒のご案内(後で買いました)



バスの到着に合わせて運行されるため、通常の本数は30分に1本
ただし、乗客の数に合わせ「菅の台バスターミナル~しらび平」で臨時バスが出るので、それに合わせてロープウェイも増便されることがあります




ロープウェイに乗ると次第に雪深く、そして視界も悪くなっていき・・・



標高2,612mの千畳敷駅から眼下を眺めると・・・って、何も見えません(´・ω・`)

公共交通機関で来られるところとしては、アルペンルートの室堂駅(2,450m)より高いんですね・・・



千畳敷駅はホテルに直結しており、その中の売店等でくつろぐ分には天候に関係なく楽しめます


スキーを楽しみたい方はこちらで装備を調えてから外へ
ちゃんとした防寒仕様の服装でない場合、この時期に外に出るのはかなり厳しいかも



この日の天候、こんな感じですし(;;`・ω・)


さすがにこの先には行けません・・・
夏場だと千畳敷カール周辺の遊歩道(1周40~50分)を散策できるのですが、まだまだ雪深いので仕方ないですね





「これ以上風が強くなった場合、ロープウェイの運行を一時取りやめることがあります」とのアナウンスがあったため、やむなく「下山」
千畳敷での滞在時間は1時間強、視界が良くなることはありませんでしたorz


ロープウェイを下っている最中、遠くに市街地が見えた時の安堵感はなかなかのものでした
ホント天候悪かったんですよ・・・


帰りの飯田線の車内より
右奥の雲の中が先ほどいた場所(=千畳敷)です

・・・ただ高いところに登りたかった、そんなGWの1日でした
今更GWの記事かよとか言わないで

スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

2018.06.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 普通のもの

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

もなかアイス

Author:もなかアイス
大体↑のような顔をしている

棲息地:彩の国さいたま
----------------------------------------
【主にプレイするゲーム】

マリカ8DX・・・レート帯:32k
マリカ8・・・レート帯:55k(8DX移行のためこれ以上変動なし)

8DXのレートが8無印に追いつくことはあるのだろうか
----------------------------------------
記事は原則として5の倍数の日に更新です

今更感がすごい

検索フォーム

QRコード

QR