FC2ブログ

追っかけ?(その7・野辺地駅・大湊駅編<後編>)


大☆失☆敗





この日(8/19)の行程は朝になっても決まってませんでした

当初の予定では「海上自衛隊(大湊地方隊)あたりで色々見学→大湊駅に戻りお出迎えのスタンバイ」でした
詳細な時刻は分かってませんでしたが、10時過ぎには『本州の果て』大湊駅に「リゾートあすなろ」で到着するであろう四季島の乗客の方々をお出迎えするルートでした

ただ前日にレンタカーを借りていたので欲が出て、「野辺地駅でお出迎え→大湊駅でも再度お出迎えができるのでは?」とも考えた結果・・・






約60kmの道のりを車で走ること70分、野辺地駅まで来てしまいましたd(・ω・)b
ここ野辺地町はサッカーの柴崎選手の出身地とのこと




ホーム上ではお出迎えの準備が着々と整えられていきます
以前訪れた花巻駅とは異なり、電光掲示板に発着時刻の表記は出ませんでした)


四季島の到着時刻(8時50分)の約10分前、「お見送り隊」のKさんと合流
前日あつみ温泉駅でお出迎え後、ここのお出迎えにも間に合ったのは謎である(一応どうやって来たかは伺いましたが)



3泊4日コース・2泊3日コースの両コースでは「通過」こそすれど、「停車」するのは初めてのこと
メディア関係者も続々と・・・


久々(※1日ぶり)に四季島と再会



写真外右側で野辺地町長によるお出迎えがありました
こちらは9時過ぎに(クルー含む)皆様とお別れ、車で大湊駅にとんぼ帰りします

四季島の乗客の方々は、八戸駅方面から回送されてくる「リゾートあすなろ」に乗り換えて大湊駅を目指すのですが・・・
 (1) 四季島用でない場合の「リゾートあすなろ」のダイヤは『野辺地0908到着/0927発→大湊1020着』
    今回は野辺地駅での(青森方面からの)接続を考慮する必要がないため、野辺地駅の出発時刻はこれより早いはず
 (2) 大湊線の設備の都合、次に大湊駅を出る定期列車(1022発)より前に大湊駅に着く必要がある
    同時間帯に大湊駅到着まで線内を走る他の列車がないため、早着はOK
 (3) 野辺地駅の出発後約50分後に大湊駅に到着する見込み
 (4) 車で野辺地~大湊の両駅を移動すると約70分かかる

お出迎えを大湊駅でもしようと思うと、こんな理由でまったく余裕がないのです
大湊線がスピードの出る線形のため、(3)が想像以上の制約になっています

で、車を走らせた結果・・・






黒い○は野辺地駅、赤い○は大湊駅、赤い☆は踏切です

問:この踏切待ちで、目の前を「リゾートあすなろ四季島号」が通過していった時の気持ちを答えなさい
答:。・゚・(ノД`)・゚・。




間に合いませんでした_(:3 」∠)_

予定どおり70分で大湊駅に到着、この段階では四季島専用バスがまだ停車していました
乗客の方は既に乗り込んでいましたが、お見送りだけなら何とか間に合うかな?

・・・あ、駐車場満杯だorz



写真はバスが出ていった後です
(本当に総出ではないけど)『住民総出』のようなお見送りだったことだけはお伝えします・・・










悔しかったので(?)、大湊駅からそのまま恐山を観光しに・・・
途中にある「冷水」のバス停付近には、名前のとおりの名水があります



1杯で10年、2杯で20年、3杯飲むと・・・「死ぬまで若返る」のだとか



冷水から4kmほど進むと『三途の川の渡り橋』があります
以前ならこの橋を渡ることができたのですが、老朽化のため現在は立入禁止になっていました・・・

※立入禁止になる前でも、「渡りきるのは『冥土行き』を意味するので途中で引き返すこと」としていたとかしてなかったとか

20180825_45.jpg
橋のたもとには奪衣婆(だつえば)と懸衣翁(けんなおう)




日本三大霊場の一つ、霊場恐山(恐山菩提寺)
入山前から結構強烈な硫黄臭が漂っています


大湊駅では撮れなかった四季島バス、ここまで来て追いつきましたwww
通常は津軽地方(青森、五所川原、弘前)での運用のため、下北地方で走っているのは「東日本の旬コース」の特別行程ならでは

ちなみに1泊2日コースの会津若松と同様、バス別に愛称が付いています
「はなます号」「べにばな号」・・・とのこと




入山(゚ω゚)


恐山の特徴の一つとして、境内の至るところに風車があります
周辺で吹き出す火山ガスに着火する可能性があるため火気の使用が厳しく制限されており、線香などの代わりに供えられているそうです



火山ガスが吹き出してるあたりのお賽銭は、こんな感じにほぼ原型を留めていません






境内には「○○地獄」と名付けられた場所が至る所にあります
その付近は火山ガスの影響で草木が生育できないため、荒涼とした風景です



至るところに石が積み上がっています
『本物』の賽の河原だ・・・




宇曽利山湖に面したあたりは、「極楽浜」と名付けられています
非常に透明度の高い水のため、「極楽」の名に恥じぬ光景となっています

pH値が低い(酸性、pH3.5くらい)らしいので、飲んではいけません


四季島ご一行様を遠くから・・・



「極楽浜」のほとりにあるこの震災慰霊塔は、東日本大震災の犠牲者追悼のため作られたもの
背面にある無数の手形は何なんだろう?(・ω・)?







20180825_46.jpg
恐山で四季島ご一行を(こっそり)お見送りした後、こちらは大湊駅まで直帰
2編成のみ在籍の「リゾートあすなろ」が並ぶというちょっと珍しい光景

20180825_47.jpg
下北駅付近でレンタカー返却後、再度大湊駅まで戻りそのまま帰路につきます
下北駅からだとまず座れないので、この判断で正解でした(八戸駅まで2時間弱かかるので・・・)



大湊駅でのお出迎えをミスるという『失態』はありましたが、恐山でお見送りができたのでまぁヨシwww
次はどこまで行きましょうか・・・
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

2018.08.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | TRAIN SUITE 四季島

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

もなかアイス

Author:もなかアイス
大体↑のような顔をしている

棲息地:彩の国さいたま
----------------------------------------
【主にプレイするゲーム】

マリカ8DX・・・レート帯:32k
マリカ8・・・レート帯:55k(8DX移行のためこれ以上変動なし)

8DXのレートが8無印に追いつくことはあるのだろうか
----------------------------------------
記事は原則として5の倍数の日に更新です

今更感がすごい

検索フォーム

QRコード

QR